2018年4月5日木曜日

生命のサイクル。

新年度がはじまり、もうすぐ一週間が経とうとしています。みなさんはどんな4月をお迎えですか。相変わらず気温が安定せず寒暖差が激しい日々なので、体調管理には十分にお気を付けくださいね。

今日は、日本の母子保健の向上についてちょっと考えてみようと思います。言い方がカタいですが、妊娠(胎児)期から新生児、乳幼児期、学童、思春期そして成人という次世代につなぐループ構造の中のお話です。

何度かお話をしてきましたが、日本では今「低出生体重児」の増加が問題となっています。日本で、2500g以下で生まれた低出生体重児は、この10年、9.6%と極めて高い割合が続いています。発展途上国では20%を超える国もありますが、先進国でこの数字は異常といえるそうです。

低出生体重児で生まれると、将来発症リスクの高くなる疾患がいくつかあることが明らかになっています。つまり、これから将来的にそういった疾患が増えるということが言えます。

この要因として考えられるものには、妊娠前のやせ・低栄養の他に、妊娠中の体重増加が著しく少ないことや、妊娠中の栄養不足、精神的ストレス、環境化学物質などさまざまなものがあげられます。

20代、30代の女性のやせの頻度が増加していることと、この低出生体重児の高水準が深くかかわっているということは想像に容易いのではないかと思います。

やせ願望も大きな背景にあると思いますが、それに加え、昨今の社会背景から、朝食をとる時間が無くなったり、勤務時間が長くて十分な食事がとれない女性が増えてきたということも大きいのではないでしょうか。

人の命はいきなりできるものではありません。命が芽生えて育つ環境は、命が芽生える前から整えていく必要があります。妊娠前からの栄養状態、産前産後の栄養の重要性をもっともっと多くの方々に知っていただきたいと思っています。いつまでも続くこのループがよりよいものになっていくために、少しずつではありますが日々の暮らしで役立てるような情報を公開していきたいと思います。

この問題についても引き続き、お話できればいいなと思っています。

4月、新しい気持ちでまた毎日を笑顔で元気に過ごしていきたいですね♪

2018年3月20日火曜日

本日の離乳食教室。レシピ。

桜が咲き始めたと思ったら、なごり雪になるかも…という寒さ。季節の変わり目は本当に気温がくるくると変わりますね。

今日は寒い雨の中、4組のママと赤ちゃんが離乳食教室に来てくださいました。完了期の教室だったので、離乳の完了に向けての環境作りなどのお話をしました。3回食になると、食事の用意の他に、赤ちゃんが手づかみ食べをしたり、自分でやりたがることを応援し、見守っていくというお母さんにとっては一番の頑張りどころになる時期だと思います。

家族で食卓を囲んだり、パパ・ママの声掛けが赤ちゃんにとって重要な時期です。おいしいねとか、おなかいっぱいだねとか、たくさんお話をしながら楽しい食事の時間になるといいと思います。

今日は、手づかみ食べのレシピの紹介もしました。参加された方は、簡単な分量の書いたメモを持って帰られたのですが、ブログにもレシピを載せようと思います。

9ヶ月くらい、3回食になったころ手づかみ食べのメニューに取り入れてみてください♪

こちらは鉄分補給に牛の赤身ひき肉を使ったハンバーグ。

1回分の目安として
牛赤身ひき肉・・・15g
もめん豆腐・・・15g
パン粉・・・大さじ1/2
片栗粉・・・大さじ1/2
にんじんすりおろし・・・小さじ1
塩、油をほんの少々

もめん豆腐をキッチンペーパーで包んでかるく水けを切って、ひき肉、パン粉、片栗粉、にんじん、塩と共によく混ぜ合わせます。一口大に成型して油を薄くしいたフライパンで両面こんがり焼きます。

手づかみ食べには、手でつかんで自分で食べるほかに、自分の前歯で食べ物をかじりとり、一口の適量を覚えるトレーニングの意味合いもあります。

一口でパクっと食べられる大きさではなく、やや平たくして、2、3口で食べられるくらいの大きさがベストです!

また、鉄分補給に今日は市販のベビーフードの鶏レバー(顆粒タイプ)を使ったじゃがいものおやきも試食していただきました。


こちらはじゃがいも1個で写真の倍量ができます。

じゃがいも・・・1個(70gくらい)
しらす・・・20g
青のり
バター・・・ほんの少量(1g)
ベビーフード鶏レバー(顆粒スティック)

じゃがいもを洗ってラップにくるみレンジで加熱します。しらすは湯通ししておきます。フォークなどでじゃがいもをつぶし、しらすと青のり少々を混ぜます。顆粒の鶏レバーを大さじ1くらいのお湯でといて、これも一緒に混ぜます。

成型したら、ほんの少しのバターで焼きます。生地に片栗粉を少しまぜるとより食べやすいと思います。

レバーは生のものを処理して調理するのはちょっと大変かもしれません。便利なものも大いに活用して、料理のバリエーションを増やしちゃいましょう♪包丁も使わずにできる簡単メニューなので、ぜひおためしください!

2018年3月7日水曜日

準備期の離乳食教室。

気温の差が激しい、季節の変わり目真っただ中という今日この頃ですが、体調管理は万全にされていますか?まだインフルエンザの声もちらほら聞こえていますので、引き続き対策をして元気に過ごしていただきたいなと思います。

さて、今日は先日行われました離乳食教室のお話を少ししたいと思います。

準備期のお教室ということで、これから離乳食を始めようというまさしく準備段階の4~5か月の赤ちゃんとママが集まってくださいました。

まだおっぱいやミルクしか飲んだことのない赤ちゃんが5人、ひとつのテーブルをかこむとみんなまわりが気になってキョロキョロ。ママの試食タイムに、スプーンを口に運ぶママをじい~っと目で追っている赤ちゃんもいました。かわいい!みんな、食べることに興味津々!きっと楽しい離乳食生活ができることでしょう^^。

まず一番最初に赤ちゃんに与えるものとして適しているのはお米。おかゆにして与えるわけですが、いわゆる10倍粥というものです。

米1に対し水が10の割合で炊きます。大さじ1杯(15cc)のお米なら150ccのお水といったところです。途中、吹きこぼれてしまったりもするので、水分が減ってしまったらお湯を適宜足してやわらかく炊きましょう。

もちろん、炊いたご飯からでもおかゆができます。今は離乳食グッズがかなり進化しているので、おかゆを作るグッズもたくさんあります。ママやパパのライフスタイルに合わせて、作りやすい方法で作ってくださいね。

やわらかいおかゆですが、初めてあかちゃんにあげるときは、それをうらごししたり、すりつぶしたりしてあげます。教室では、おかゆを「うらごししただけのもの」「うらごしをして、さらにすりつぶしたもの」の二種類をママに試食していただきました。

当然ですが、後者のほうがなめらかになります。見た目ではほとんどわからないのですが、実際に口に入れるとなめらかさの違いがわかります。うらごしたおかゆをあまり食べてくれない…と感じたら、さらにすりつぶしてなめらかにしてみると食べてくれるかもしれません。1月の参加者さんから、おかゆをすりつぶしたら赤ちゃんが食べてくれるようになったといううれしいご報告もいただきました。

ベビーフードと手作りのものなど、実際にいろいろと比較しながら違いを感じたり、家ではなかなか難しいと思います。こういった機会にママに体験してもらって、離乳食作りのヒントにしていただけたらうれしいなと思っています。

次の準備期のお教室は5月の第2火曜日になります。次回から教室の開始時間が午後からになります。お電話おまちしております!!





2018年3月1日木曜日

お米のおやつ。

あっという間に年度末の3月に突入です。2月から3月になったというだけで、気分が少し春めいてくる気がします。

今日は、最近ハマっているおやつのお話を少し…。

小さなころから好きだった「ポン菓子」。お米に圧力をかけてふくらませた駄菓子です。こんなんです。


そのまま食べるとちょっと口の中がもさっとするのですが、そのまま食べてもおいしい。個人的には牛乳をかけて食べるのが一番おいしいのではないかと思っていますが…。

日本人の体に合うお米という食文化。毎日の食事でお米を食べることはもちろん、おやつにも!お子様のおやつにももってこいだと思います。抵糖質とかロカボとか、糖質が悪者にされがちな昨今ではありますが、加工された栄養ではなく自然の栄養をもっともっと見直してほしいと思っています。

こちら、ほんのり甘い味付けがされているだけなので、アレンジも楽しめます。これにチョコレートを混ぜたお菓子もしょっちゅう作っています。





普通のチョコレート、ホワイトチョコレート、いろいろ作って最近気に入っているのがホワイトチョコレートに抹茶を混ぜた抹茶チョコレートバージョン。

チョコレートを湯せんで溶かし、その中にポン菓子と刻んだアーモンドを入れて冷やし固めるだけ(板チョコ1枚40~50gに、ポン菓子20~30gくらい)。小さなマシュマロや、ココアクッキーなども加えてちょっと豪華にしてもおいしいです。

専門的に抹茶の旬はわからないのですが、春という季節に合わせて世の中には抹茶のスイーツなどが出回るため、イメージ的に抹茶の色は梅や桜のピンクとよく合う気がします。

どんな形にせよ、季節を感じて食べ物を食べるということは感覚的に大切にしたいものだと思います。もうすぐひな祭り。梅の花と、抹茶スイーツ。簡単にできるのでお試しになってはいかがでしょうか?

2018年2月22日木曜日

世代別の食べ方。野菜編。

2月も残り一週間足らずで終わり、もうすぐ3月。私含め、花粉症の人にとっては暖かくなる気候がうれしいような、ちょっとがっかりするような、複雑な季節のはじまりです。

1月から始まった離乳食教室のこともあり、ここでは赤ちゃん、妊産婦さん、小さなお子様の食生活について言及することが多いと思います。

そんなわけで、今日は少し視点をずらし、30~40代以降の栄養について考えてみたいと思います。

世代が違えば食事に対するお悩みも違います。食欲や、食事の支度にかけられる手間や時間も違います。例えば、30~40代の女性は仕事や家事が一番忙しいとき。自分のことよりも家族の健康管理を先に考える方が多いのではないでしょうか。

野菜の摂取について考えてみましょう。この年代はどうしても自分の食事がおろそかになり、一人の食事はパスタだけ、とかサンドイッチだけ、とか単品メニューになりがちです。そうするとどうしても野菜不足になり、食物繊維なども不足しがちになってしまいます。家族の食事の支度の時に多めに野菜を下ごしらえしておいたり、レンジで加熱してすぐに食べられるように野菜類を小さな耐熱容器にまとめておいたり、少しの工夫が必要です。

50代以降になると、少し時間に余裕がでてきて摂取量は満たされてきます。しかし逆に作りすぎてしまって、エネルギーや脂質、塩分が過多になってしまうことがあるので気を付けましょう。

70代以降では、食欲の低下とともに全体の食事摂取量が減ってきます。少ない摂取量の中でいかに栄養素を充実させるかがカギです。食事摂取量の減少により便通が滞り不調を訴えることが多くなるため、根菜類などを小さく切って食べやすく調理したり、海藻類などをこまめに摂取するといったことを心がけるとよいでしょう。

食べることは楽しいことです。ここを忘れずに、おいしく楽しく食事をし続けるため、ご自分のからだをいたわって元気なからだ作りをしていっていただきたいなと思います。

また、別の栄養素のお話もしていきたいと思っています!






2018年2月13日火曜日

土台があってこそ。

気が付くと2月ももう折り返し地点となり、春ももうそこまで来ているような、そんな季節となってきました。インフルエンザのピークは過ぎたのか、最近はニュースなどで目にすることが減ってきたように思いますが、寒さや乾燥でまだまだ油断はできません。体調管理には十分気を付けて過ごしましょう!

元気な体はとにかく自己管理。同じ状況にいても風邪をひく人、大丈夫な人がいます。ウイルスに感染しても、ウイルスをやっつけられる体つくりをしていれば元気に過ごせるはず。よく言われるのは、免疫力アップというものですね。

大胆にまとめると「体温を上げる」というのがわかりやすい言い方かもしれません。冷えは万病のもとと昔から言います。体を温めておいて損はないです。それにはやはり、規則正しい生活が一番近道。食事・運動・睡眠の3本柱がしっかりと立っていることが大切です。

朝食を食べて体温を上げ、日中活動して夜には体温が下がってきます。このリズムと並行した生活を送ることで体調が整いやすくなります。その中で、温かいものを食べて体を冷やさないようにしたり、運動をして筋肉をつけたり、お風呂に浸かって体をじっくりあたためたり…そういう日々の積み重ねで、免疫力の高い体が作れます。

免疫力アップにいいといわれる食材も調べればたくさん出てきますが、むやみやたらにそういった食材を取り入れるよりも、まず生活リズムを見直してみてはいかがでしょうか。どんなことにも、基礎となる土台があってその先があるものです。土台なしに詰め込んだところで、効率的に使われるはずがありません。

そんなわけで、今日は「栄養」以前のお話をちょっとしてみました。

ご自分の平熱、よくわからないという方は一度計ってみてくださいね。




2018年1月31日水曜日

ママは達人。

今週はまた、関東地方でも積雪かも…という予報。寒い毎日ですが元気にお過ごしでしょうか。インフルエンザも過去最大の流行らしく、幼稚園や学校に行くお子さんのいるご家庭などはヒヤヒヤの毎日ではないでしょうか^^;


さて、今月から始まった離乳食教室も、先日3回の1クールを無事に終えることができました。2回目は積雪により午前中から午後へ変更する事態にもなりましたが、寒い中ママも赤ちゃんも元気な姿を見せてくれました♪

これから離乳食を始める、または始めたばかりのあかちゃんから、最後は1歳すぎのたっちやあんよもできるお子様をみて、ただでさえ早いあかちゃんの成長を一気に凝縮してみているような不思議な感覚になって、なぜだか感動してしまった最後の完了期。

準備期とステップアップ期は、主に離乳食の進め方がお悩みのポイントであることが多かったように思います。食べ物の形状や、量などを実際に見ていただきながら進めてきました。

完了期になると、食べる量にはとても個人差がでてきます。歯の生え方も同じで個人差がありますが、ママ達もだいぶ慣れてきて、あかちゃんの様子で食べ物の形状を変えたりいろいろ試しながら進めているようでした。

そして、「大人からのとりわけ離乳食」についても質問やお悩みがあるのかと思いきや…「こどもからのとりわけ離乳食」という目からウロコの離乳食作りをしているママが何人かいたことにびっくりしました。

なんてすばらしい発想…!!さすがママ。

妊娠や出産、育児を機に食生活を見直してみてほしいというのは何度かこちらでもお話していました。だしで煮た野菜の味とか、いつもは気づかなかったおいしさに気づくことがあるかもしれません。大人用に作ったものを、味付けする前に取るのではなく、子供用に作ったものにあとから味を足すという発想。なんだかこれだけで料理のレパートリーが広がりそうです。

子供用にせっせと作って食べて食べてといっても思うようにいかないことも多いですよね。そんなとき、大好きなパパやママと同じものを食べるようにしたら…すんなり食べてくれるかもしれません。

とくかく、ママが一生懸命我が子のために考えてがんばってくれているなんてあかちゃんは幸せだなあ、とこちらもうれしくなりました。もっと、がんばるママたちを応援していきたいと思っています♪

少し長くなりましたが、今後もみなさまのお越しをお待ちしております!