2017年10月23日月曜日

たまごの話。

今日は「たまご」のお話を少ししようと思います。

卵料理というのは、ここ数年トレンドがあって、アメリカで大ブームとか、SNSで話題のとか、いろいろ出てきていると思います。

エッグベネディクトとか、エッグスラッドとか舌を噛みそうな名前の卵料理たち。でもこういうのを見ると一度は作ってみたくなります。

話題になったのはもう1年くらい前でしょうか…「エッグインクラウド」という卵料理をご存知ですか?

こちらはなんとなく読んで字のごとくなので、分かりやすいような気もする、雲のなかに卵があるような、そんなイメージの料理です。

こんな感じです↓



まず、卵を白身と黄身に分けて、卵白に塩コショウをして泡だててメレンゲを作ります。しっかりとしたメレンゲができたら、天板に敷いたオーブンシートの上に乗せ、真ん中をくぼませます。そこに黄身を入れ、220℃のオーブンで5分くらい焼きます。

メレンゲがいい色がついたら出来上がりです。

オーブンシートから外して、トーストに乗せたり、温泉卵のような感覚で丼に乗せたり。トロッとした黄身とサクっとふわっとした白身とのバランスが初めての食感。

わざわざハンドミキサーを出して作るのはちょっと勇気がいるのですが、「なんだコレは!?」とインパクトを与えられる見た目が楽しいです。材料もシンプルですし。



さてさて、卵といえば、一昔前までは「コレステロールが高いから」と、コレステロール値を気にする方は避けていた食材ではないでしょうか。

しかし、最新版の2015年食事摂取基準ではコレステロール値の算定は控えられました。これは、食事からとるコレステロールが、血中のコレステロール値に影響するというはっきりとした根拠が見つからなかったからだそうです。

悪者にされがちな「コレステロール」ですが、体の中で大切な役割を担っていることも事実。昔「高脂血症」と言われていたコレステロール値の異常があり、いわゆる悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やすには運動がとても重要になってきます。

運動していれば、一日に卵を何個も食べていいとか、コレステロール値の高いものをバンバン食べていいとか、そういったことではもちろんなく、むやみやたらに「卵は週に3個まで」とか制限はしなくても大丈夫ですということです。ただし、すでに脂質異常症で治療中の方は医師の指示にしっかりと従うようにお願いいたします。

卵は、どんな形にもなって、和洋中いろいろなものと相性が良く、栄養面でもすぐれていますのでお料理に合わせた形でおいしく調理して食べていただきたいなと思います。

2017年10月10日火曜日

10月10日は何の日。

10月10日と言えば、一昔前までは「体育の日」でした。しかし今は祝日の日付が毎年変わる世の中。今年は10月9日が体育の日でした。

代わりにと言っては何ですが、まあ…企業の戦略としか思えませんが最近はごろ合わせなどで○○の日というのが増えたと思いませんか。

今日も、おそらくいろいろな日として、いろいろな活動がされていたことと思いますが、ひとつ「ほほー」と思ったのが

「あかちゃんの日」

というものです。

何でかなと思ったのですが、あかちゃんがお母さんのお腹にいる「十月十日(とつきとおか)」にかけているようです。なるほどー。あかちゃん用品を販売するお店などでイベントが行われるということでした。

さてさて、そんなあかちゃんですが、小さな体で一生懸命生きています。

離乳食の間はあまりカロリーのことなど深く考えないとは思うのですが、あかちゃんは体重の割にとても多くのカロリーを消費しています。何もしていなくても消費するカロリー「基礎代謝」は生まれた時が一番高くて、だんだんと低下してきます。歳を取ってから、若いころと同じような食事をしていると太ってしまうというのは、基礎代謝の低下が一つの原因かもしれません。


1~2歳の子供は、体重1キロあたり基礎代謝の基準値というのが60近くあります。つまり、10キロの子供で一日の基礎代謝が600キロカロリーということです。

成人女性ですと、同じく体重1キロあたりの基準値が22くらい。50キロの女性なら1100キロカロリー。

10キロの子供の基礎代謝は、5倍の体重の成人女性の半分以上あるということです。単純に体重に比例しているわけではなく、小さな子供にはその消費分のカロリーを補ってあげることが必要です。

とはいえ、離乳食の間、一日のカロリーを計算して食べさせるわけにもいかないので、適量かどうかの判断は、成長曲線に沿っているかどうかを見ていきましょう。小さめでも曲線に沿って増えていれば問題はないとされています。ただし、増えなかったり、減っている場合は、曲線の目安の色からはみ出ていなくても注意が必要です。

幼児食に移行して3歳から5歳くらい、だいたい大人と同じようなものが食べられるようになってからは、お母さんが食べる量の7割くらいと考えると良いと思います。

また、少しずつ乳幼児の食事についてのお話を続けていきたいと思います。

2017年10月3日火曜日

食事は楽しい!

10月に入りました。もうそろそろ、長袖が定番化してくる時期ですね。季節の変わり目は衣服の調節も難しかったりしますが、寒さ対策をして体調管理に気をつけていただきたいと思います。


先日は、あかちゃんの離乳食について、衛生管理のお話をしました。今日も、乳幼児のお話の続きです。

さて、食事というのは本来「楽しい」ものです。もちろん、生きていくために必要なエネルギー源でもありますが、食事は楽しいものだということを知って、お父さん、お母さんも楽しさを共有する。そして母子関係や親子関係が豊かになる。これが離乳食のねらいのひとつです。

離乳食の進め方について、基本的なマニュアルはありますが、個人差があり、もちろんマニュアル通りに全てが進むことはありません。私もそれをよくよく自分で痛感しました。

お母さんがあまり神経質になってしまうと、それが子どもに伝わって、食事の雰囲気を損なってしまうこともあります。これは自分への反省も含め…です。本をみて一生懸命作ったものほど食べなかったのは「食べて~」という見えない圧力があったのかもと、今になって思ったりもします(笑)。

食べる楽しさを体験させて、食べる力を育んでゆく。

この基本を忘れずに、離乳食をすすめていかれたらと思っています。客観的にこんなことは言えても、なかなか当事者にそんな余裕がないというのが本当のところかもしれませんが…。

確かに大変なこともあると思いますが「今日と同じ日は二度とない!」と思って私はどうにか楽しみながらやってきました。あかちゃんの成長スピードは本当に速いです。今日のこの表情、食べ方、明日には(あんまり分からなくても)確実に変わっています。歯もだんだん生えそろってきて、食べられるものも日に日に増え、そして離乳食から幼児食へ移行します。

すりつぶしたり、小さく刻んだり、ただ作るよりは手間がかかると言えばそうなのですが、その小さなひとくちひとくちが、あかちゃんの体を作っています。そう思うと、そんなに割に合わない手間ではないかと思います(笑)。

あかちゃんが健やかに育つように、お母さんやお父さんも楽しく過ごせるように、離乳食の期間も貴重なひとときだと思いがんばっていただきたいと、応援しています!!

2017年9月26日火曜日

つるんと白玉。

離乳食のお話をし始めたところですが、離乳食を始めて日々思うことは、これはいつ頃から食べられるんだろう…?という疑問ではないでしょうか。本などの巻末にまとめた表がついていたり、雑誌の付録になっていたり、または知りたい時にネットを通じてすぐに情報が得られますが、離乳食が終わってからも、意外とそんな疑問にぶつかるときがあります。

それが、餅。でした…私の場合は^^;

おもちは、日常的に食べるものではないので、食べなくてもさほど困ることはありません。同い年のお母さんとの話の中で、お友達がおもちを食べていることを知って、あ~、おもち、もう食べられるんだ!と思って試した記憶があります。

そして、おもちの前段階として、まず白玉を食べさせてみようと思って、白玉だんごを食べさせてみました。

白玉はおもちよりは食べやすいです。わが子が通っていた幼稚園でも、「白玉パーティー」なるものがあったので、3歳児ともなれば、大人の監視のもと白玉は食べられるようです。

とはいえ、白玉も、こねかたによってはけっこう伸びます。柔らかいと、おいしいのですが歯にくっつくしちょっと小さな子が食べるにはドキドキしちゃうかもしれません。

そこで、昔、お年寄り向けに作っていた「豆腐白玉」これが大活躍。

水の代わりに絹ごし豆腐をいれてこねこねして、普通の白玉だんごと同じようにゆでます。白玉粉と豆腐を同じくらいの重量入れて作ってみて、加減してくださいね。もちっとしたおいしさはそのままに、噛み切りやすく、小さなお子様からお年寄りまで安心して食べられます。

おまけに、たんぱく質もとれるので、くろみつやきなこをかけると、おやつとしてはかなり優秀な栄養バランスも考えられた一品になります。


他にも牛乳を入れてこねるミルク白玉もおいしいのですが、白玉粉のかたまりをつぶすのがちょっと手間です。お豆腐だと白玉粉は相性が良いのか、とても混ぜやすいです。お月見団子の季節ですので、なんとなく季節感のあるおやつ…ということで、ぜひ!!

2017年9月22日金曜日

食べることは生きること。

すっかり秋の気配に色づいた毎日になりました。テレビではカレーのCMから、シチューのCMに移行し、ショッピングに行けばハロウィン一色、新聞を見れば来年のおせち料理の話題…。

私も、夏場は億劫だったアイロンがけを、むしろ寒いからやろうと思うようになり、水仕事の後に早くも手がガサガサになることで、季節の移り変わりを感じております(ちょっとつまらない)。

さて前回の予告通り、今日から少しずつ乳幼児をメインにしたお話をしていきたいなと思います。

あかちゃんが生まれるまでのお話が前回までだったのですが、生まれる前と後では世界は180度変わります。とにもかくにも、あかちゃん次第。頭では分かっていたことかもしれないけれど、何もかもが思い通りにいかない日々が続きます。

そんな慌ただしい毎日の中でもがんばれちゃうのは、やっぱりあかちゃんの力。小さいけれど生命力のかたまりのようで、得も言われぬパワーを秘めています。

そして、生まれてから半年くらい、おっぱいやミルクで過ごして、あっという間に始まる離乳食。

おっぱいや哺乳瓶をくわえるあかちゃんもとってもかわいいのですが、初めてスプーンで食べ物を食べたときのかわいさったらありません。私が個人的に好きなのか、誰でも思うことなのか、ちょっと分からないのですが^^;

離乳食が始まったころからずーっと毎日思っているのが、子供の「食べる姿」ってとてもかわいくて、感動するんです。さきほども言った「生命力」を感じるからです。生きるためにわたし食べてます!そう考えて食べているわけではなく(当たり前)、本能で食べているから、見ていてなんだか感動するのです。

ちょっと話がずれてしまいましたが、離乳食をはじめるにあたり、いろいろと不安や疑問があるママも多いかと思います。

管理栄養士の視点から、まず基本のキで、衛生状態に関することをお伝えしたいと思います。

乳幼児は、細菌に対する抵抗力が非常に弱いです。

先日、お惣菜の食中毒で3歳の女の子が亡くなってしまったニュースは記憶に新しいと思います。同じものを食べても大人では軽症で済んで、乳幼児では重症化してしまうということがここからもご理解いただけると思います。

・体の諸機能が未発達
・免疫機能が不十分
・消化酵素が不十分
・腸内細菌が未発達

乳幼児に限らず「食中毒予防の3原則」というものがありますが、こと、離乳食をはじめるにあたりこの中でとても大事なのが「加熱」です。

本やインターネットが普及し、気になることは何でも調べられる時代です。そんなこと知ってるわと思われる方も多いかと思いますが、大切なことは端折らず、少しずつ発信していきたいです。

少し長くなってしまいました。最後まで読んでくださってありがとうございました。

季節の変わり目、体調管理には十分お気を付け下さい!


2017年9月15日金曜日

女性の健康その3。

今日は、6月に何回かテーマにした「ビタミンD」のお話を少し。

日光浴とビタミンDでもお話をしたように、ビタミンDを体内に取り入れるには、食べ物と日光浴が大切です。ビタミンDはご存知の方も多いと思いますが、骨代謝と関係があり、カルシウムとともに摂取が大切な栄養素です。

日焼け止めの使用などで、若い女性のビタミンD摂取が減っていることもお話しました。ほとんどの妊産婦さんもビタミンD不足だそうです。また、小児クル病といって、昔は多かったビタミンD欠乏や代謝異常で起こる子供の骨の石灰化障害が最近増えています。

重複してしまいますが、適度な日光浴が必要なことは、乳幼児も成人女性も変わりません。もちろん、男性も。これからの季節は多少日差しが和らいで、外出もしやすくなります。朝や夕方などそれほど日差しが強くない時間帯でも、またガラス越しに室内で日光にあたるでも構いません。

カルシウムについてですが、女性の最大骨密度というのは15~18歳と言われていて、骨形成される期間は極めて短時間であると言えます。また、カルシウムの増加量は8歳から12歳くらいが最大と言われています。大人になってから努力をすれば、多少骨密度を上げることも不可能ではありませんが、小さなうちから骨を丈夫にしておくに越したことはありません。

カルシウムの摂取、ビタミンDの摂取、日光浴、運動などを意識した健康なからだづくりをしていけたら素晴らしいと思います。

これらは、前回まででお話をした低出生児の成人病リスクを下げることにもつながります。スキンシップ、運動週間、日光浴、規則正しいライフスタイルの確実などで成人病のリスクは下げられます。

全ての女性が健康でありますように。
その願いを胸に、またお話を続けていきたいと思います。

次からは、乳幼児を中心にお話をすすめていこうかと思っています。

2017年9月12日火曜日

女性の健康その2。

前回の続きです。

低出生体重児というのは、2500g未満で生まれた赤ちゃんのことをいいます。

「母子保健の主たる統計」による低出生体重児頻度の推移をグラフでみますと

1951年・・・平均 7.3%

1975年・・・平均 5.1%(1951~2010年までの5年毎の統計で最も少ない)

2010年・・・平均約 9.5%(女児では10.5%以上)

となっています。100万人の赤ちゃんが生まれたら、約10万人は低出生体重児ということになります。最も低かった35年前の倍です。

アメリカやイギリスなどの先進国では低出生体重児に対する取り組みが国家事業で行われており、低出生体重児はどんどん減っています。日本ではまだこういったことに対する取り組みが行われておらず、その部分では後進国と言えるほどだと思います。

個人的には、こどもを産んでから女の人を働かせやすくする環境を整える前に、もっとやることがあるのではないかな~と思います。大切なのは、まず女性が健康であること、そのうえで、元気な赤ちゃんを産むということ。その土台の部分の取り組みをもっとしてほしいと思います。

低出生体重児では、何が問題かというと、発症リスクの高くなる疾患が増えるということです。生活習慣病のリスクが高まるという話はご存知の方も多いかもしれません。

具体的には、高血圧、糖尿病、メタボリック症候群、骨粗鬆症、脂質異常症などが世界的に明らかになってきた疾患の一部です。

小原美紀先生という研究者によりますと、子どもの教育成果の決定要因というのは3つあり

1、家庭内の教育投資(出生後投資)
2、出生時の家庭環境(所得・労働状況)
3、出生児の健康状況(出生前投資

となっています。この中で最も大きな要因が、3の出生前投資だそうです。つまり、妊娠前・妊娠中の栄養状態がその後の子どもの成長に一番関わってくるということです。

そんなこともふまえ、やっぱり、特に若い女性には健康でいてほしい。老若男女みんな健康でいてほしいのですが、どんな人も女性のお腹の中で育って生まれてきます。今の若い女性の健康状態が良くなれば、結果的に全ての人が健康になれるのではないかと、果てなき夢に近いような理想を描いています。

ちょっと、カタイ話になってしまいました^^;
最後まで読んでくださってありがとうございました!