2017年8月15日火曜日

お疲れの胃腸に。

お盆休み、いかがお過ごしでしたか。今日15日が帰省ラッシュのようですね。三浦半島ではしばらくぐずついたお天気が続きそうで、真夏の暑さはしばしお休みといったところでしょうか。

長い休日や旅行などで、おいしいものをたくさん食べたり、食べる時間が不規則になったり、食生活はどうしても乱れがち。乱れるという言い方はあまり良くないかもしれませんが。いつもと違う環境にいたら、それを思いっきり楽しむのも健康のための方法だと私は思います。あれやこれや型にはめすぎず、思う存分楽しむときは楽しむ!なんでもメリハリが大切だと思います。

そして、ちょっと疲れたからだにほっとしみわたる「茶碗蒸し」の提案。

これは、妊婦さん向けのレシピ本を元に作ったので、妊娠中の方にもぜひ食べていただきたいメニューです。


写真は無いよりもあったほうがイメージがわきやすいと思うので、クオリティの低さはこの際忘れて。

「あんかけ茶碗蒸し」です。

普通の茶碗蒸しに、モロヘイヤ入りのあんをかけます。

茶碗蒸しは卵と出汁を1:3の割合で量ればまず成功です。卵の大きさもいろいろですが、Mサイズ1個に対しおだしが150ccくらい。お酒と塩、みりんとしょうゆ少々で味をつけて蒸します。具はなんでも。かまぼこでもえびでも、見えないですが写真の茶碗蒸しにはきのこがたくさん入っています。

あんかけのいいところは、茶碗蒸しの味は「適当」で大丈夫なところ!あとであんをかけるので、そこでしっかりと味付けをします。

底が平らな鍋にキッチンペーパーを2,3枚重ねてしいて、器をならべ、蓋がなければアルミホイルで蓋をして、お湯か水を2センチくらい張ったら、鍋のふたをして火にかけます。

弱めの中火くらいで15分ほど蒸します。

あんは、だし汁とみりん、しょうゆで作りますが、めんつゆなどで代用しても。ゆでて刻んだモロヘイヤを加え、水溶き片栗粉でとろみをつけて、茶碗蒸しの上からそっとかけます。

モロヘイヤは7~9月が旬!カロテンの含有量は野菜の中でトップ。夏バテ対策に大切なビタミンB群も多く、カルシウムも豊富です。胃腸などの消化器官の粘膜を保護してくれる働きをするぬめり成分も含まれます。

モロヘイヤはくせもなく、さまざまな料理に使いやすい野菜です。今が旬で一番栄養価が高いとき!細かく刻むと口当たりもよく、納豆にまぜたり、ごはんや豆腐にかけたりと使い勝手が良いのでぜひ食べてほしい野菜のひとつです。

2017年8月9日水曜日

竹串さまさま。

毎日暑い中、お仕事に、家事に、学業に、みなさまお疲れ様です。きちんと食事はできていますか?夏バテにはなっていませんか?

しっかり食べなければと思っていても、暑さで体力も消耗しやすく、何か作るのも面倒になり、すぐに食べられるような冷たいものばかり手にとってしまいがち。そうは言ってもまだ、大人は頭でいろいろ考えて食べ物を選びますが、小さな子どもはそうではありません。

食べてほしいものを食べてくれない…。

離乳食が始まったことからこの悩みは常にお母さんにつきまとっているのではないでしょうか。そんな悩みを解決とまではいかないけれど、何かのきっかけになればと思って今日はこんな献立を。

子どもは環境が変わったり目先が変化すると意外と手に取ってくれたりします。

それがこれ。「串刺し」



これは決してバーベキュー中の一枚ではなく、家で、普通に、フライパンで焼く夕飯のときの写真です。

豚のコマ切れ肉に、トマトやなすやエリンギ、たまねぎなどを刺して、フライパンで焼いて、味付けは焼き肉のタレ!超簡単にできます。ふたをして焼いて、しっかり中まで火を通して下さいね。くっつきをよくするために、豚肉は竹串に刺す前にうすくしおこしょうと片栗粉をまぶしてあります。(こちらの写真では我が家で今流行っている厚揚げが刺さっています)

竹串に刺さっているこのビジュアルが何より大事!

バラバラにしてフライパンでただ焼くだけとは雲泥の差がある。と私は思います。

こんな風に食べやすくひと手間加えるだけで、普段自分からは手を伸ばさない野菜にも挑戦してくれるお子様、多いと思います。お子様のお口に合わせてかわいらしく切った野菜を肉の間に忍ばせて、食卓に並べてみてはいかがでしょう♪♪かぼちゃやピーマンなどもおすすめですよ。

2017年8月6日日曜日

三浦かぼちゃ。

しばらく曇り空が続いた三浦半島で、今日は久しぶりの真夏の陽気になりました。いっとき、体が暑さを忘れていてからのジリジリとした日差しはより暑さを感じさせるような気がしました。

今日はまず、今が旬の三浦のかぼちゃ。とってもきれいな緑と黄色。見た目からして美しく、味ももちろん最高です。かぼちゃに含まれるビタミンEは血行を促進してくれるので、冷房で冷え過ぎた体にも適していると言えます。冷え性の女性には夏こそぜひ食べていただきたい野菜のひとつ。

それを、以前にもお話をしたことのある「乳和食」という牛乳を使った和食料理で。


なんとなく、普通のかぼちゃのそぼろ煮のようですが、材料は

●かぼちゃ
●牛乳
●鶏のひき肉
●めんつゆ

これだけです。

よく売られている1/4カットのかぼちゃに、牛乳を1カップ、鶏のひき肉は80gくらい、めんつゆは3倍濃縮で大さじ1~2使います。

牛乳にめんつゆとひき肉を入れて火にかけ、はしでくるくるとかき混ぜながら温めます。ひき肉がほろほろとしてきたら一口大に切ったかぼちゃを入れて落としぶたをし、汁けが大さじ2くらいになるまで煮詰めます。

おだしとしょうゆ、みりんなどで作るより塩分量が減らせますが、牛乳のコクでおいしくいただけます。鶏のひき肉は、むね肉よりももも肉のものをおすすめします。

かぼちゃの栄養の力で、少し疲れた夏の体を癒してください。旬の野菜で元気に!!

2017年8月2日水曜日

今食べたいものは…。

夏本番の今、夏バテ予防に積極的に食べたい食材あれこれです。

●たんぱく質・・・魚介、肉、卵、大豆製品など

●ビタミンB1・・・特に「豚もも肉」がおすすめ!バラやロースに比べ脂質も少ないので少量でも質のよい栄養がとれます。ビタミンB群が多く含まれ、もちろんたんぱく質もしっかりとれます。

●ビタミンC・・・今はやっぱり「ゴーヤ」です。果物や野菜全般に多く含まれます。

●イオウ化合物・・・「にんにく」「ニラ」これらはビタミンB1の働きを高めると言われています。

こうして食材を並べてみると、作りたくなる料理が出てきます。

それは…餃子!ゴーヤチャンプルー!!

豚肉、ニラ、にんにく、ねぎなどが入った餃子は、夏バテ予防には最強の料理ではないでしょうか。そして、ゴーヤ、豚肉、にんにくの入ったゴーヤチャンプルー。木綿豆腐や卵も入れて、夏バテ予防に効く成分がぎっしり詰まっています。

夏が旬の食材には、夏の疲れを予防する効果がちゃんとある、理にかなっていて素晴らしいと思います。食欲不振のときなどは、フルーツや野菜をジュースにして飲むと消化もよくておすすめです。無理に食べるのではなく、体調に合わせて上手に栄養をとりましょう。

今日の献立に悩んだらぜひ、餃子、ゴーヤチャンプルー、いかがでしょうか♪

2017年7月23日日曜日

今度はトマトを乾燥。

今日は、二十四節気のひとつ、大暑でした。読むとものすごく暑そうな字ですが、今日の関東地方は雨もぱらつく曇り空でした。太陽が出ていないぶん、暑さはやわらいだような気もしますが、じめっとした暑さはありました。そろそろ土用の丑の日だなと感じるのが大暑の時期ではないでしょうか。(そこらじゅうでうなぎが目につきますね(^^ゞ)

今月、トマトを冷凍するお話をしたのですが、今日は乾燥させてみました。家庭菜園でミニトマトを育てていると、毎日のように収穫でき、調理方法に悩んだりします。いつかお話をしたのですが、食材をシンプルに食べるとまずくなりようがありません。そんなわけで、いろいろと料理をしても結局生のまま食べるのが一番おいしい…ということになる。ということは一瞬忘れて。



調理をすると、違ったおいしさがあるのが魅力です。

天日で干してもいいのですが、これは110度~120度のオーブンで1時間半ほど加熱をして乾かしました。セミドライトマトといった感じです。半なまとでもいいましょうか。市販のものはもっと黒っぽくて固いのと、塩分がけっこうあったりします。家で作ると無塩、無油でもおいしくできるのがいいかなと思います。

半分に切って、切り口を上にしてオーブンに入れるだけです。時間はかかりますが、手間はかかりません。

生のみずみずしい感じとはまた違い、甘みがぎゅっと凝縮されたのがよく分かる、濃い味になります。①トマトをそのままで食べる②ドライトマトをつくってそのまま食べる③ドライトマトを調理する、と三段階で違う味を楽しめますが、②の段階で味わっていただくとトマト本来のおいしさを再確認することができると思います。

トマトが苦手な人も、苦手な理由によってはおいしく食べられる…かもしれません。

大きなトマトがたくさん手に入ったら冷凍。ミニトマトだったら乾燥。私はこんなふうにして保存していただいております。

野菜って、水分量が変わるだけで見た目も味も食感も変わるなんて、おもしろいです。

2017年7月19日水曜日

夏バテきほんのき。

関東地方の梅雨明けはまだのようですが、毎日30度超えの暑さが続いています。夜になれば、外は涼しいのですが、家の中は昼間の熱気で冷めることを知らず、温度調節も難しく連日寝不足の方も多いかもしれません。

「夏バテ」とはこの季節によく登場するワードであります。しかし夏バテとは一体なんなのでしょうか。ちょっと考えてみましょう。

夏バテの症状には、からだのだるさ、食欲がわかない、不眠、めまい、頭痛などがあげられます。暑さによって引き起こされる体の不調ですね。そして、単に暑いからということだけでなく、この季節は屋外と室内の温度差が大きいということも体にとってはとても負担になります。

うだるような暑さのなか、お店の中に一歩足を踏み入れるとゾクッとするほど冷えていたりすることは、誰でも経験があるのではないでしょうか。そうして今度は屋内から屋外へと出ると、びっくりするくらい暑い。

こんなことを繰り返していると、自律神経が乱れてしまい夏バテの症状を引き起こしたりもします。また、冷たいものばかり食べたり、クーラーや扇風機の風に当たり過ぎたり、湯船につからずシャワーで済ませたりと、暑さを避けようとする行動がより症状を悪化させてしまうのも困ったところ。

かといって、家の中の温度調節はできたとしても、会社や外出先ではどうしても個人で温度調節をするわけにはいきません。

避けられないこうした負担を軽減するためにも、日頃の健康管理をしっかりして夏の厳しい環境に対応できるからだづくりをしたいものです。

それにはやっぱり、栄養と休養です。

特に夏場の麺類はつるつるとのどごしもよく量を食べやすく、栄養をとれた気になってしまいがちですが、必ずたんぱく質(肉、魚、大豆、卵など)のおかずをつけてください。台所に立つのも億劫な時期なので、あれもこれもというわけにはいきませんが、電子レンジを活用したり、すぐに食べられる納豆などの大豆製品を取り入れたりして上手にバランスをとってくださいね。

炭水化物(ごはん、パン、麺)にはタンパク質。これは必ず!欲を言えば野菜類。しかし毎食は難しいので、例えばお昼に野菜が足りなかったら夜食べる。そんな感じで、食事の組み合わせを考えて、そして休養や睡眠も大切に、これからの暑い季節を乗り切りましょう!

2017年7月13日木曜日

疲れをためない。

今日は、酸っぱいお話の続きです。

酢の体への効果はいろいろあります。先日お話をした疲労回復、あとよく耳にするのは減塩効果でしょうか。酸味を利用して塩味を減らしてもおいしく食べることができます。そして食欲増進効果もありますので、これからの季節にもってこいです。

体への効果とは少し違いますが、殺菌や防腐の効果もあることも、今の時期にはありがたいです。ピクルスやマリネなどは夏場の保存食としては最適なのではないでしょうか。

今日は酢の「疲労回復」についてちょっと考えてみましょう。

酸っぱいものが食べたいときは、体が疲れているサインかも?というお話をしたのですが、疲れは抵抗力を弱め、風邪をひきやすくなってしまったり、更に疲れが蓄積しやすくなったりするので、早めの対処が必要です。

また、酢を糖分と一緒に摂取すると疲労回復が早まると言われています。酢には血流をよくしてくれる働きもあり、疲れて酸性に傾いた体をアルカリ性に戻してくれます。一昔前に、飲むお酢というものが流行しましたね。「健康のため」とお酢を飲んでいる人も多いようなので、今も人気があるようです。ただし、いくら体にいいとは言え、小さなお子様や胃腸の弱いかた、また胃がからっぽの状態で濃度の濃い酢を直接飲むことは控えましょう!

さて、そんなわけで疲れた体に補給したいマリネを一品。夏野菜は酢との相性がバツグンにいいのもよくできた話で、私もよくピクルスやマリネを作ります。


ズッキーニやパプリカはマリネにするとさっぱり、彩りもきれいで作っておくととても便利です。オリーブオイルでフライパンで焼くのも手軽でよし、オーブンでじっくり焼くもよし。パプリカは魚焼きグリルで真っ黒になるまで焼いて、皮をむくと味がしみやすく、とっても甘くておいしくなります。写真のものは、オーブンで焼きました。

ボウルに切った野菜を入れてスライスしたにんにくとオリーブオイルを全体に絡むくらい、少し多めにまわしかけてよくなじませたら、クッキングシートをしいた天板に平らに並べ、220度くらいのオーブンで15分から20分ほど焼きます。

ドレッシングにはバルサミコ酢を使いました。バルサミコ酢は、ぶどうの果汁を発酵させたもので、黒っぽい色をしていて甘みが強いです。私はバルサミコ酢としょうゆを合わせたドレッシングが好きで、それに卸したまねぎを少々と、こしょうで味付けをしたものをマリネ液にしました。

米酢や穀物酢とは違ったコクがあり、一味違ったマリネができます。お肉料理のソースとしても活躍します。まだ使ったことのないかたは、一度お試しになってみてはいかがでしょうか。